月別: 2017年4月

重度のアレルギーのケース

先程も述べたように重度のアレルギー症状にかかっている子は獣医への相談が必要になるでしょう。重度のケースでは飼い主さんがドッグフードを変更したりお部屋を清潔に保ったとしても症状が改善できない可能性があるからです。そのため、お薬を使用して治療をすることが求められます。

重度のアレルギーでも動物病院を利用して治療を行うことで改善できる可能性があります。改善ができたら以前使用していたドッグフードに添加物が含まれているのであればなるべくドッグフードを無添加のものに変更した方が無難なのではないでしょうか。同じドッグフードを使用していると再び重度の症状が現れる可能性があります。

現在ではアレルギー対策ができる無添加のドッグフードの中には高タンパク質なものもあります。メインに肉を使用し高タンパク質を実現しているドッグフードは犬の筋肉もサポートしてくれます。高タンパク質と表記されているものでも肉がメインに使用されているものを選択しましょう。ドッグフードは犬にとって健康を左右する恐れがあります。犬はドッグフードを自分自身で選べませんから飼い主さんが健康を考えたものを選んであげることが求められるのではないでしょうか。

ペットフードを変更してアレルギー対策を行う

ドッグフードからアレルギーにかかる犬が多いということをご存知でしょうか。もしペットフードが原因でアレルギーを引き起こしている犬であれば、ドッグフードを変更することで改善できる可能性があります。では何故ドッグフードを食べることでアレルギーとなってしまうのでしょうか。その理由は添加物です。添加物は防腐剤や保存料、着色料のことになります。防腐剤や保存料はなるべく消費期限を伸ばすために製造過程で使用されます。着色料は色を付けるたり風味を加えることで美味しそうに見えたりする添加物です。このような添加物が含まれているドッグフードは非常に多くなっています。

従来においては粗悪な材料によって健康被害を受けた犬は少なくありません。そのため現在アレルギーで悩んでいる飼い主さんは今犬に与えているご飯のパッケージを確認し保存料や着色料、防腐剤などの添加物が含まれていないか確認されてみてはいかがでしょうか。もし添加物が含まれているドッグフードを使用しているご家庭は無添加のものを選択することで犬のアレルギー症状を改善できる可能性があります。無添加のものは少し値段が高くなっていますが安全な食事を愛犬に与えられるのではないでしょうか。

アレルギーの予防について

既に軽度の症状が現れている場合は軽減するための対策を行います。対策方法は多岐に渡ります。例えば室内を清潔に保つことがあります。犬のアレルギーの原因の一つとされているのはノミやダニです。ノミやダニは犬のおもちゃや寝る場所に住み着いているケースも存在するため室内で飼っている方は犬の寝る場所のクッションや人間が座っているソファー、カーペットを清潔に保つことでノミやダニを取り除きアレルギーを軽減できる可能性があります。ノミやダニによって痒みが酷い子は皮膚の表面の色が変化します。特に耳が痒い子は左耳と右耳で色が異なるため、皮膚の異常を簡単に発見できるでしょう。万が一痒みの症状が酷い子は動物病院に行くことでノミやダニのお薬をもらうことができます。

アレルギー検査を行ってくれるところもあります。アレルギー検査をすることで何に対してアレルギー反応をするのかを確認することができるため、対策に活用することができます。例えば花粉に反応する子は散歩時間を変えて朝早く散歩をしたり夕方に散歩をすることで花粉が飛散している時間を避けることでアレルギーを軽減できる可能性があります。

このように対策はたくさんありますがドッグフードを変更することで一定の対策ができる可能性があります。

犬のアレルギーの症状とは

犬がアレルギーにかかると動物病院に行かなければならなくなります。また、犬の身体に大きな負担をかけることになるでしょう。日本では家族の一員という存在として犬は生活をしており、なるべく長く生きられる健康的な生活をさせてあげたいと思うのが一般的になります。そのため飼い主さんの中には犬がアレルギーにかからないように日ごろから対策をしておきたいと思われている方もいるのではないでしょうか。犬のアレルギーの症状は軽い症状と重い症状に分けられます。軽い症状には身体を痒がる症状やフケが出る症状、抜け毛が多いという症状が挙げられます。犬が身体を痒がる行動は飼い主の方は理解できるでしょう。後ろ足で痒い部分を掻きます。また、耳においては首を振って痒さを訴えることもあります。フケはブラッシングをすれば確認できます。抜け毛に関しては犬種によって元々抜け毛が酷い子もいますが、抜け毛の量が増えたと思う方やハゲが発見できる状態の時は犬のアレルギーを疑った方が良いかもしれません。

重い症状においては下痢や嘔吐が挙げられます。重い症状にかかると動物病院に足を運び獣医師さんに相談をしながら症状を軽減していくことになります。

このように重い症状にならないように軽度の症状が診られる時はある程度の予防が必要です。また、軽度の症状が診られない子もアレルギー対策をして健康的に暮らせるようにサポートしなければならないでしょう。

今回はアレルギーの予防方法について紹介します。