犬のアレルギーの症状とは

犬がアレルギーにかかると動物病院に行かなければならなくなります。また、犬の身体に大きな負担をかけることになるでしょう。日本では家族の一員という存在として犬は生活をしており、なるべく長く生きられる健康的な生活をさせてあげたいと思うのが一般的になります。そのため飼い主さんの中には犬がアレルギーにかからないように日ごろから対策をしておきたいと思われている方もいるのではないでしょうか。犬のアレルギーの症状は軽い症状と重い症状に分けられます。軽い症状には身体を痒がる症状やフケが出る症状、抜け毛が多いという症状が挙げられます。犬が身体を痒がる行動は飼い主の方は理解できるでしょう。後ろ足で痒い部分を掻きます。また、耳においては首を振って痒さを訴えることもあります。フケはブラッシングをすれば確認できます。抜け毛に関しては犬種によって元々抜け毛が酷い子もいますが、抜け毛の量が増えたと思う方やハゲが発見できる状態の時は犬のアレルギーを疑った方が良いかもしれません。

重い症状においては下痢や嘔吐が挙げられます。重い症状にかかると動物病院に足を運び獣医師さんに相談をしながら症状を軽減していくことになります。

このように重い症状にならないように軽度の症状が診られる時はある程度の予防が必要です。また、軽度の症状が診られない子もアレルギー対策をして健康的に暮らせるようにサポートしなければならないでしょう。

今回はアレルギーの予防方法について紹介します。