アレルギーの予防について

既に軽度の症状が現れている場合は軽減するための対策を行います。対策方法は多岐に渡ります。例えば室内を清潔に保つことがあります。犬のアレルギーの原因の一つとされているのはノミやダニです。ノミやダニは犬のおもちゃや寝る場所に住み着いているケースも存在するため室内で飼っている方は犬の寝る場所のクッションや人間が座っているソファー、カーペットを清潔に保つことでノミやダニを取り除きアレルギーを軽減できる可能性があります。ノミやダニによって痒みが酷い子は皮膚の表面の色が変化します。特に耳が痒い子は左耳と右耳で色が異なるため、皮膚の異常を簡単に発見できるでしょう。万が一痒みの症状が酷い子は動物病院に行くことでノミやダニのお薬をもらうことができます。

アレルギー検査を行ってくれるところもあります。アレルギー検査をすることで何に対してアレルギー反応をするのかを確認することができるため、対策に活用することができます。例えば花粉に反応する子は散歩時間を変えて朝早く散歩をしたり夕方に散歩をすることで花粉が飛散している時間を避けることでアレルギーを軽減できる可能性があります。

このように対策はたくさんありますがドッグフードを変更することで一定の対策ができる可能性があります。